オレンジホームケアクリニック > オレンジとは? > クリニック設立の経緯

クリニック設立の経緯

オレンジ設立の動機と使命

設立の動機

高齢化や療養施設不足などのネガティブな理由ではなく、「老いても病んでも自分らしくすごしたい」という ポジティブな理由から在宅医療のニーズが急速に高まっています。

私たち創業スタッフの多くは、福井県初の病院内在宅医療専門チームとして活動しておりました。 2年間の活動のなかで、在宅医療に対する患者・家族の期待はもとより、大病院や行政からの期待も大きく感じるようになりました。

さらに、現場で日に日に強く感じるようになっていったこと。 それは、私たちの活動は「多くの人が住み慣れた場所で幸せに自分らしく生きていくこと」をお手伝いできる!ということでした。 より積極的に、より柔軟にニーズに応えていくために、どうするべきか。 私たちは、在宅医療専門のチームとして独立することを決意したのです。

在宅医療専門チームの使命

在宅医療には昔から「往診」というスタイルがあります。昔から今にいたるまで、多くの開業医や病院医師が行ってきています。

しかし、在宅医療へのニーズが増すにつれ、状況は大きく変化してきています。 医療技術と機器の発達により在宅医療の幅が広がり、在宅ケアとの連携、訪問看護師やケアマネジャーなど様々な職種の 方々とのチームづくり、24時間365日体制も強く望まれるように。 これまでのようなスタンスで往診をする医師の存在だけでは、現在の多様なニーズには応えきれなくなってきています。

私たちは在宅医療専門チームとして、

  • 在宅緩和ケアや難病ケア、がんの療養、時には在宅人工呼吸器管理など多様化・重装備化する在宅医療のニーズに応えます。
  • 訪問看護師やケアマネジャーだけでなく薬剤師や栄養士、歯科医師、リハビリ技師、ヘルパー、行政などと「ケアチーム」を作り密接な連携を行います。
  • 24時間365日いつでも往診が可能な体制を維持し、在宅療養者に最高の安心感を提供します。

そして、私たちの持っている知識や技術はすべて地域にも共有してもらえるように、発信していきます。

さらに私たちは、在宅医療・在宅ケアを充実させることの最終形は「街づくり」だと考えており、 福井県初の在宅医療クリニックとして福井全体の在宅医療の充実と地域ケア力の発展のために力を注ぐ責任があると考えています。

開業はスタート

我々の業界で「開業はゴール、完成形」というイメージがあります。 ですが、我々の開業は決して、これで立ち止まるのではありません。 全く逆です。 よりすばらしい医療のために、より元気な街をつくるために、攻め続ける、 がんばり続けることを約束するための、開業です。オレンジホームケアクリニックは、常に成長し続けるチームであることを宣言します。

ページトップ

オレンジホームケアクリニック

お問い合わせ

TEL0776-21-3333(9~17時)

FAX0776-21-3353

Mailinfo@orangeclinic.jp