カテゴリー別アーカイブ: 医療関係者研修

地域医療サークル「ぷちぷら」と交流イベント

前回に引き続き、
4/28(日)福井大学地域医療サークル「ぷちぷら」
体験・研修と交流が行われました。

4/19の福井大学でのワークショップに引き続き、
地域医療に関するスライドやオレンジが関わってきた
患者さんに関するエピソードなど様々な話があり、
楽しい雰囲気でのレクチャーとなりました。

その後、オレンジホームケアクリニックと連携を
とっている施設へ見学に行きました。

施設見学の時では、施設の方から、施設で生活
している利用者さんのことや、利用者さんにとって
施設がどのような所なのかについての説明がありました。
始めて施設に訪問する学生がほとんどで、熱心に施設の
説明に耳を傾けていました。

次に利用者さんと実際に話をしてもらいました。
学生たちは、はじめは緊張が見られましたが
利用者さんと話していくにつれて、少しずつ
緊張がとけていき笑顔が見られました。

帰り際には利用者さんから、
また来てね
いつでも遊びに来ての
などの言葉をもらっていました。

学生たちからは、
認知症の人とはどんなことを話していいか難しい
高齢者の方と話す時はどんな会話を
したらいいか分からない
などの感想が挙がっていました。

その後、施設の見学を終えて、天池河川敷公園で
参加者全員でBBQを開催しました。
その日はとても天気が良く
絶好のBBQ日和になりました。

学生たちが、地域の視点をもった
医療者になってくれることに期待しています!

ぷちぷらのホームページ
ぷちぷらのブログ

カテゴリー: 医療関係者研修, 地域連携 | コメントをどうぞ

地域医療サークルぷちぷらワークショップ開催

4月19日に福井大学医学部にて、
地域医療サークルぷちぷらの新入生歓迎の
ワークショップが行われました。

地域医療サークルぷちぷらとは
福井大学医学部の地域医療に興味がある
学生を中心としたサークルです。

始めに、紅谷Drからの
レクチャーがありました。

「地域医療とは?」
「オレンジの取り組み」
などの説明や、

オレンジならではの楽しく面白いスライドに
学生さんたちは興味津々で聞いていました。

その中でも特に盛り上がりがあったのが、
「地域医療と病院医療の違い」に
ついてのわくわくワークでした!

2〜3人の少数グループに分かれて
■病院では出来て在宅では出来ないこと
■在宅では出来て病院では出来ないこと
について話し合いました
学生さんとの話し合いの中で、

病院では
「精密検査が出来たり、大きな手術が出来る」
「設備が整ってる」

在宅では
「大きな機械がなく、精密検査や手術ができない」
「田舎の家だと診察に行くのが大変」
「患者さんがどんな生活をしているか分かる」
などの様々な意見が聞かれました。

オレンジのスタッフとしても一般の方々には
「在宅」という存在がまだまだ知られて
いないことが分かりました。

在宅では大きな機械での検査や手術は
出来ないけれど、患者さんの病状や気持ちを
じっくり見ること・聞くことが出来ます。

もし在宅で出来ない処置や検査が必要なときは病院や事業所など
外部と連携・協力をしています。

「田舎のお家だと診察に行くのが大変」
とよく思われがちですが、

スケジュールやチームワークを工夫して
効率的にまわれるようにしています。

今回の講演会を通してもっと多くの方々に
「在宅医療」の存在を発信していきたい
と改めて思いました。

これからも様々なところにオレンジの
取り組み、在宅の事を発信していきますので
ご期待ください!!

ぷちぷらのホームページ
ぷちぷらのブログ

カテゴリー: 医療関係者研修, 地域連携 | コメントをどうぞ

【在宅医療 虎の穴】在宅医療プロフェッショナル大作戦のご案内(2013/5/11)

今月開催の【在宅医療 虎の穴】は、5/11(土)在宅医療プロフェッショナル大作戦!

今回のテーマは「認知症を支える多職種連携」です。

認知症では本人と意思疎通が難しくなることで、生活の中で様々な支障が生じます。
家族がかかえるストレスの中にこの生活がいつまで続くのかという不安が生まれてきます。
医師・訪問看護師・薬剤師・ケアマネジャー・介護士など専門的な視点から今後、起こりうることを予測し、家族に説明することで、家族は何を準備すればよいか分かり安心します。

今回は、認知症のステージアプローチをベースに、各ステージにおける問題点を多職種のチームでディスカッションしていきます。家族支援とソーシャルサポートについての理解を深める予定です。

認知症についての理解と対応は職種によって様々であり、専門職だから分かること、専門職だからこそ分からないこともあります。
多職種が連携することでそれぞれが力を合わせて『その人らしい過ごし方』をサポートしていきましょう。

【在宅医療 虎の穴】STEP3 多職種連携実践研修
【テーマ】認知症を支える多職種連携
【日時】平成25年5月11日(土) 14:00~17:00
【対象】訪問医療・介護の専門職で、多職種連携に熱意のある方
【受講料】無料
【企画・運営】オレンジホームケアクリニック
【お申込み】福井大学医学部地域医療推進講座
電話0776−61−8264

130511 在宅医療プロフェッショナル大作戦 案内告知

 

 

カテゴリー: 医療関係者研修, 地域連携 | コメントをどうぞ

【在宅医療 虎の穴】3月開催のご案内

今月開催の【在宅医療 虎の穴】は
3/13(水)「介護職のための医療基礎知識講習会」 です。
今回の研修は、1/20に行った「ケアしてガッテン」が好評だったので、
これと同じプログラムになっています。
前回参加できなかった方もぜひご参加ください!

【在宅医療 虎の穴】STEP2 専門力強化研修
【テーマ】医療と介護の連携を深めよう
【日時】平成25年3月13日(水) 9:30~17:00
【対象】福井県内の介護職の方、ケアマネジャー、民生委員、在宅介護に興味のある方
【会場】サンドーム福井 管理会議棟 2階201会議室(越前市瓜生町5-1-1)
【受講料】2000円(昼食代・懇親会費を含む)
【企画・運営】在宅医療連携拠点事業「ふくいまちケアプロジェクト」
(運営事務局:オレンジホームケアクリニック)

130313_ケアしてガッテン案内告知

 

カテゴリー: 医療関係者研修 | コメントをどうぞ

【在宅医療 虎の穴】2月開催のご案内

多職種連携を実践的に学ぶ勉強会「在宅医療 虎の穴」。
2月24日(日)はSTEP3「在宅医療プロフェッショナル大作戦」です!

今回は特定の症例としてではなく、
高齢者の多くが辿る経過にフォーカスをあてながら、
レクチャーやワーク、そして職種を超えたグループディスカッションを通して
『地域で最期まで過ごしたい』という想いに、どう応えていくかを考えていきます。

みなさんの参加をお待ちしております!

【在宅医療 虎の穴】STEP3 多職種連携実践研修
【テーマ】高齢者を支える多職種連携
【日時】2/24(日)13:00 〜 16:00※応募締切:2/18(月) 【対象】医療・介護の専門職で、多職種連携に熱意のある方
【会場】福井大学医学部附属病院 臨床教育研修センター 2階 白翁会ホール (救急外来東側)
【主催】福井大学医学部地域医療推進講座
【企画・運営】オレンジホームケアクリニック

 

130224 在宅医療プロフェッショナル大作戦 案内告知

カテゴリー: 医療関係者研修 | コメントをどうぞ

「介護職のための医療基礎知識講習会」を開催します

今月開催の『在宅医療 虎の穴』は
初企画「介護職のための医療基礎知識講習会」です。

 

いわゆる高齢化が進み、入院療養から在宅療養へと
流れが変わってきている中、
医療依存度の高い方や認知症の方のケアや、看取りなど、
生活を支える介護職員にも医療的な知識が必要になってきています。

実際、在宅ケアの現場の中で判断やケアに迷ったり
誰かに聞いてみたいと思うことが
あったりするのではないでしょうか?

今までわからなかった医療知識を知ることで、
医療と介護の連携におけるコミュニケーションや相互理解が深まり、
より「その人らしさ」を支えるケアにつながっていくと考えています。

 

そこで、今回の研修では、
・認知症(ステージアプローチ、BPSD)
・生活と医療
・老い・衰え・看取り
・体調変化の際の報告や相談の仕方
の4つのテーマに分けてレクチャーを行い、
それと合わせて、それぞれの経験や想いを話し合う
グループワークをする形式を予定しています。

特に、ファシリテーターとして
在宅のフィールドで活躍する看護師の方々に
各グループに入っていただくことで、
医療的な質問にも答えられるように考えています。

福井県内の介護職員やケアマネジャー、民生委員の方々だけでなく、
興味のある方はぜひご参加ください。

 

【在宅医療 虎の穴】STEP2 専門力強化研修
【テーマ】医療と介護の連携を深めよう
【日時】平成25年1月20日(日) 9:30~17:00
【対象】福井県内の介護職の方、ケアマネジャー、民生委員、在宅介護に興味のある方
【会場】福井県自治会館 2F 多目的ホール(福井市西開発4-202-1)
【受講料】2000円
【企画・運営】在宅医療連携拠点事業「ふくいまちケアプロジェクト」
(運営事務局:オレンジホームケアクリニック)

 

130120_ケアしてガッテン案内告知

 

 

カテゴリー: 医療関係者研修 | コメントをどうぞ

【在宅医療 虎の穴】在宅医療プロフェッショナル大作戦(12/8)

オレンジが企画する勉強会「在宅医療 虎の穴」。
12月8日(土)に「在宅ナースのお仕事」と題して
STEP2専門力強化研修を行います!

今回の勉強会の内容は
①オピオイドローテーション
副作用改善や効果増強のため、医療用麻薬を変更する時の計算方法や変更方法をマスターしよう!
②簡易懸濁法
錠剤を潰さず、より効果的に安全に経管投与できるようになろう
③iPhoneアプリ
スマホのアプリで在宅医療をより便利に、より効率的に、よりカッコ良く!
④皮膚縫合
実際ナースがするわけではないけれど、皮膚縫合を体験してみませんか?

以上の4つのスキルを互いに学び合うスタイルの研修です!!
訪問看護師さんだけでなく、興味のある方大募集です。
是非、お越し下さい!!

【在宅医療 虎の穴】STEP2 専門力強化研修
【テーマ】ひとつ上のスキルを地域で活かそう
【日時】12/8(土)14:00~17:00
【対象】福井県内で活躍する訪問看護師と、この研修に興味のある全ての方
【会場】福井大学医学部附属病院 臨床教育研修センター2階白翁会ホール(救急外来東側)
【主催】福井大学医学部地域医療推進講座
【企画・運営】オレンジホームケアクリニック

 

 

カテゴリー: 医療関係者研修 | コメントをどうぞ

プロフェッショナル大作戦@愛媛!!

前回告知していた「在宅医療プロフェッショナル大作戦」愛媛バージョン
愛媛県武道館にて行いました!

はるばる6時間かけて松山空港まで辿り着き
11名のスタッフで乗り込みました。

入念なリハーサルを経て、さて本番。
事例患者の越前あおさん役の川村をはじめ
劇団メンバーの慣れない伊予弁での熱演に
参加者も自然と熱が高まっていました。

今回は認知症をテーマに、多職種でのグループワークを通して
BPSDへの対応や、意志決定の支援などについて
考えてもらいました。

特に印象的だったのは、訪問マッサージや鍼灸師の方の参加が多かったことです。
福井ではそういった職種との連携は、
まだまだ進んでいないと感じるので
もっといろんなカタチでケアができることを実感しました。

また、患者本人だけでなく家族全体でとらえ、
家族の中での役割を尊重できるよう関わることが
本人や家族のケアになっていることを感じました。

 

終了後に愛媛の方より、
「みんなが笑顔で帰っていく勉強会ははじめてです」とお言葉をいただきました。
オレンジとしても、ワクワクドキドキがいっぱいで、
とても楽しい時間を過ごせました。
参加者のみなさま、ありがとうございます!

なお、前日に準備するため前入りした3名は
主催者である「医療法人ゆうの森」のたんぽぽクリニックを
見学させてもらいました。
こちらもすごく楽しくて勉強になることいっぱいの体験でした!
(また追って詳細レポートする予定ですのでご期待ください)

 

カテゴリー: 医療関係者研修 | コメントをどうぞ

ついに!!満を持して「在宅医療虎の穴」全国デビュー決定!!!

毎回参加者から好評をいただいている『在宅医療 虎の穴』。
11月17日には、愛媛県まで遠征して
「在宅医療プロフェッショナル大作戦」を開催します!

今回のテーマは「多職種連携で在宅医療は変わる〜認知症ケアを中心に」です。

在宅医療において「その人らしさ」を活かしたケアは重要だと考えています。

認知症の方の「その人らしさ」をどう引き出すのか、どう支えていくのか、を
グループワークを通して考えます。

 

ところで、なぜ愛媛??かと言いますと…

『在宅医療 虎の穴』を、ブログで知った愛媛県の先生から、
「ぜひうちでも勉強会を開催してほしい!!」との依頼があり、
『福井県を飛び出し、全国へ!』の第一歩として、愛媛で開催することになりました★☆

 

愛媛のみなさん、オレンジパワー全開で向かいます!!!
楽しみにしててくださいね♪

 

【在宅医療 虎の穴】プロフェッショナル大作戦

日時:平成24年11月17日(土) 14:30〜17:30

場所:愛媛県武道館 会議室

テーマ:多職種連携で在宅医療は変わる(認知症の在宅ケア)

 

121117プロフェッショナル大作戦(愛媛)案内告知

 

 

カテゴリー: 医療関係者研修 | 1件のコメント

「在宅医療 虎の穴」開催告知

オレンジが企画運営する勉強「在宅医療 虎の穴」。
10/21(日)は、Step1:在宅医療基本講座を開催します!

テーマは「在宅医療、はじめましょう!」です。

在宅で療養される患者さんにとって
病院から在宅医療への移行をスムーズに行うためには、
「退院前カンファレンス」が大きなカギを握っていると考えています。

退院前カンファレンスは、
「患者さんや家族にとって必要なサポートとは何か」をみんなで考えるために
多職種がはじめて顔を合わせ、
情報を共有したうえで方針を統一する貴重な場です。

 

今回は、各職種において『鉄人』と呼ばれるプロフェッショナルの方々を招き、
実際に退院前カンファレンスを行い
その熱い空気とプロセスを体感出来る、
そんな企画を考えました!

在宅医療に馴染みのない方にも、
この企画から多職種連携のダイナミックさを感じていただけるはずです。
カンファレンスを通して見えてくる問題点を場が一体となって学び、気づいて、
多職種連携に必要なのは何か?をみなさんと共に考えていきたいと思っています!

これから在宅ケアや多職種連携を始めようと思っている方、
携わってはいるが不安や悩みを持っている方、
そんなみなさんのご参加をお待ちしております。

【テーマ】在宅医療、はじめましょう!
【日時】 10/21(日)
【対象】 訪問医療・介護の専門職・在宅医療を知りたい方
【会場】 福井大学医学部附属病院 臨床教育研修センター2階
白扇会ホール(救急外来東側)
【主催】 福井大学医学部地域医療推進講座
【企画・運営】 オレンジホームケアクリニック

 

121021_プロフェッショナル大作戦_案内告知

 

カテゴリー: 医療関係者研修, 地域連携 | コメントをどうぞ