月別アーカイブ: 10月 2011

臨床心理士の水上先生が加わりました!

10月より週1回、非常勤で
臨床心理士の水上喜美子先生が加わりました。

臨床心理士、なかなか聞き慣れない職業ですが
オレンジが目指す、在宅医療を通して
「住み慣れた場所で幸せに自分らしく生きて行く」ことを
お手伝いするというミッションに
大きな力となると思っています。

 

それでは水上先生、自己紹介をお願いします!

はじめまして。
オレンジホームケアクリニックで
心理士として関わらせていただくことになった
水上喜美子(みずかみきみこ)と言います。
10月から週に一度の勤務で診療に関わることになりました。

 

オレンジで働き始めて、
まだ数回しか患者さまのお宅には伺わせていただいていないのですが、
クリニックの一員になったことで、
家にお客さんをもてなすように
迎え入れてもらえることに不思議な感じがしています。

そして、「家」には、
患者さまが暮らしている、暮らしてきた生活の香りがプンプンとして、
いつも胸がいっぱいになります。

家の中に入ると、患者さまが多くを語らなくても、
その人の宝箱を開けたような大切な宝物を
たくさん見つけることができます。

現在、心理士として何ができるのか模索中で、
「○○なことができます」とか「○○な仕事をするスタッフです」と
言い切ることはできません。

ただ、患者さまやご家族の大切な宝物を一緒に共有していけるような関わりをしていきたいなぁと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: ハッピー, メッセージ | コメントをどうぞ

秋桜

訪問へ向かっている途中、
『コスモス広苑に行きたい』とぽそっとつぶやいてみましたが・・・
今日の訪問予定には向こう方面へ行く予定はなく、
諦めました。

 

そんな時!!!
患者さん宅へ向かう途中に一面にコスモス畑がっ!!

 

綺麗な秋晴れの空に、
綺麗な一面のコスモス☆願いが叶って
テンション上がりました♪♪♪

無理と思っていても
やっぱり口に出して言ってみるもんですね(※^▽^※)

コスモスも1つ1つ色が少しずつ違ったりだけど、
みんなでTHE☆共同作業って感じでしょうか。

ホントに綺麗なコスモス畑で
すごく癒されました(^^)

このチームプレー、オレンジでもやって行きたいなぁ♪

カテゴリー: ハッピー, 写真 | コメントをどうぞ

だいだい10月号

9月に創刊しました
オレンジホームケアクリニック便り「だいだい」。
「だいだい」創刊しました!
はりきって10月号も発行しました!

「だいだい」は、皆さんにオレンジの事をもっと知っていただきたい、
また、皆さんが知りたい情報をお届けしたいという想いから生まれました。

だからこそ、このお便りが独り善がりなものになってはいけない、そう考えて、
まだ2号目ですが内容や目的について
再度見つめ直そうと、編集メンバーで何度も話し合いました。

その中で、
創刊前に話し合った内容として
1)患者さんやご家族とのつながりを深める

2)在宅スタッフ間での情報共有や連携に役立てる
この2点について、メンバー全員で再確認した上で
一つ一つのコラムが
・患者さんのお宅で家族と話題になる
・ご家族からの相談に答える資料
・各事業所で「こんな事例もあるんだ」と話し合う
・オレンジが考える未来に賛否の議論
など、いろんな場面で「だいだい」が登場することを
期待して中身を充実させよう!と
決意を固めました。

紙面も時間も限られていますので
なかなか思い通りにはなりませんが
これからも全力で作っていきたいと思っています!

ぜひご覧になったご意見・ご感想をお聞かせください。

 

オレンジ「だいだい」2011年10月号

 

 

カテゴリー: ハッピー, 地域連携 | コメントをどうぞ

足裏マッサージにチャレンジ!

オレンジでは、患者さんが
「その人らしい暮らし」が出来るように
医療以外の場面でもいろいろなサポートをしています。

それらのサポートはもちろん、保険診療ではないので
ボランティアのひとつの形かもしれませんが
生活を支えるケアとしては必要なものと考えています。

そんな中、オレンジの医療クラークのひとりとして
診療チームで日々患者さん宅を訪問している杉本が、
自分も何かしてあげられたら、と
足裏マッサージ(フットリフレクソロジー)を勉強したい!と
立ち上がりました。

さすがアクティブ医療事務の杉本、思い立ったら行動です。

習得できるスクールを選びに選んで
はるばる東京まで8日間(15時間)の研修を受けて帰ってきました!

無事に修了証もいただきました。
みなさんのさらなる健康のためにお手伝いできるよう
これからもがんばっていきます!

カテゴリー: ハッピー | コメントをどうぞ

山本勝司Dr.が常勤メンバーになりました!

6月から非常勤医師として、
毎週金曜日に来ていた山本勝司Dr.が、
オレンジでの診療日を増やして
10月より常勤メンバーとなりました!

紅谷Dr.や児玉Dr.ともまた違うカラーの
個性あふれるドクターで
患者さんのハートをがっちり掴む場面も多く
心強い味方が増えてまたワクワクです!

では山本先生、自己紹介をお願いします!

こんにちは。はじめまして。
山本勝司(やまもとかつし)と申します。
今回、福井を代表する在宅診療・家庭医の
オレンジホームケアクリニックで診療させていただくことになりました。

患者さんの病気だけでなく、まわりの家族の方々にも
お役にたてるよう診療させていただくつもりです。

医者になる前はスーパーでトイレットペーパー売ってました。
他にもいろいろありますが、
いろいろ話かけていただければいろいろ出てくるとおもいますので、
診療の合い間にでも気軽にいろいろ話かけてみてくださいね

よろしくお願いいたします!

 

カテゴリー: ハッピー | コメントをどうぞ

訪看プロフェッショナル研修 第3回

 

来る10月29日(土)
訪看プロフェッショナル研修の第3回が開催されます。
今回は『訪看のから騒ぎ』と題して
より多くの訪問看護師さんたちと話をしたくて
懇親会も用意しています

1回目、2回目ととても盛り上がり、
訪問看護師さんたちが
日々悩みながらも、患者さんやご家族をしっかり支えよう
とされている事がひしひしと伝わってきて、
とても熱い研修会になりました。

 

3回目となる今回のテーマは、『難病患者の在宅』

病院だけでなく在宅にも、進行性の難病と診断された患者さんや
ご家族が、いろいろな思いを抱えながらも生活されています。

進行していく疾患を抱えた方とご家族に向き合う中で
私たちもふと何ができるのか悩んだり、無力感を感じたりしませんか?

今回の研修では、一緒に難病について
考えてみたいと思っています。
また、研修会の後の懇親会では
肩肘はらず、おいしいものを食べながら
いろいろと語り合いたいと思っています。

【地域医療 虎の穴】訪看プロフェッショナル研修 ~在宅医療のカギは訪看~
【テーマ】『難病患者の在宅』
(在宅医療専門医 紅谷 浩之、家庭医療指導医 児玉 麻衣子)
【日時】10/29(土)15:00~18:00 懇親会あり!18:30~
【対象】福井県内の訪問看護師、訪問看護に興味のある方
【会場】オレンジホームケアクリニック2Fカンファルーム

ご参加をお待ちしております!

 

111029_訪看プロフェッショナル研修 第3回 案内告知

 

 

カテゴリー: 医療関係者研修, 地域連携 | コメントをどうぞ

ちいさい秋みーつけたっ!

秋を見つけに行こう♪ もうすぐハロウィン!

 

ある朝、クリニックのエントランスが
こんなに可愛く飾られていました。

訪問診療に出かけるチームの気持ちを楽しくしてくれる、
そんなスタッフの演出がすごくありがたいです!

カテゴリー: 写真 | コメントをどうぞ

地球は大きい!

けっこう足はガクガクです!

カテゴリー: 写真 | コメントをどうぞ

ケアマネーの虎!

9/23(金・祝)に、オレンジ初のケアマネージャーとの勉強会、
ワクワク! ケアマネ茶論を開催しました!

その名も『ケアマネーの虎』!

 

告知が二週間前だったにもかかわらず
なんと41人も参加していただきました!

訪看プロフェッショナル研修の口コミ効果などもあったのでしょうか?
多くの人に興味を持っていただけるというのは
本当にありがたいことだと感じています

 

今回も工夫しながらの会場設営。
机を6つにして、V字型に並べるなど
なんとかグループワークにも対応できるようにしました。
参加者の皆さん、非常に狭くて申し訳ありませんでした・・・。

 

今回のテーマは、
どんなキャリアのケアマネさんが来るか分からなかったので
『在宅医療、始めましょう。』です。

今回は初の試み、三本立てです。

一コマ目は紅谷Dr.の講演。
ケアとキュア、おうちパワー、今後の死に場所。
限られた時間の中で伝えたいことを
盛りだくさんに詰め込んで、
「その人らしさ」を追求するために、医者に遠慮なくお願いできる、
そんなスーパーケアマネになってもらいたい!と、熱く語りました。

 

二コマ目は、家庭医療指導医である児玉Dr.。

在宅医療において、特に「家庭医」とは何か?
その必要性と、在宅ケアでの役割をわかりやすく説明したあと、
グループワークをしました。

6チームに分かれてBPSアプローチをやりました。

ケアマネさんは、
身体の問題・ココロの問題・社会の問題のスキマに
注目するのが得意だということがわかりました。
すごい!

三コマ目は質疑応答でした。
「医者に何でも聞いてみよう!」

みなさん、現場のリアルな疑問や
患者家族と医者の想いのGAP、
ターミナルでのメンタルケアなど 熱い質問が交わされ、
Dr.やスタッフが一緒に悩みながら答えていました。

 

勉強会の終了後、鯖江のケアマネさん達が
地域での課題について、Drに熱く訴え、
そして何ができるのか?をみんなで熱く議論しました!
これもこのケアマネ茶論の大きなメリットだと思っています。

ぜひ今後もこういった、顔をつきあわせた話し合いができたら
未来が広がると思っています。

次回の研修会はまだ未定ですが、
近日中にあらためて案内を出す予定です。

終了後のアンケートから、
人数や進め方も含めて、反省点も多い内容だったと感じています。

次回も是非、多くのケアマネさんに参加してもらえる
ワクワクの茶論になるよう頑張ります!

カテゴリー: 医療関係者研修, 地域連携 | コメントをどうぞ