月別アーカイブ: 5月 2012

ベニヤスメ

今日は「ベニヤスメ=紅休め」

これは、スタッフからの提案で始まった、私の休みです。
時間を大切に使うために。。。

スタッフに、「休んでねー。自分をHappy!にすることが患者さんをHappy!にするんだよー!」って言い続けてたら、
「じゃ、紅谷が休み方のお手本見せてよ!」というわけで、
紅休め計画が発動された・・というわけです。

 

***提案されたときのプレゼン資料より***

上手に休むことも上手に仕事をする上で大切なこと
オレンジが好きで、オレンジのためにしたいことが山ほどあって、
いっぱいオレンジにいるのにそれでも時間が足りなくて・・・
時間を上手に使おう!

スタッフみんなが休みやすい環境をつくるために!紅谷が率先して、休め!

**********************

 

そんなわけで、今日は、
散髪!
歯医者(歯のメンテナンス)!
蕎麦屋(写真)!
プール(1200m泳いできました)!
本屋(久々にのんびり本を選びました)!
オレンジに戻って打合せ2件!
そして今から、勉強会に行ってきます!
てな感じで濃~い一日を過ごさせて頂いてます!

スタッフのみんな、ありがとう~!!!!

さ、次はスタッフをHappy!にするよ~!

 

カテゴリー: ハッピー, メッセージ | コメントをどうぞ

行列のできる在宅相談所

先日のブログでもご案内したMSW(医療ソーシャルワーカー)向けの研修を、
予定どおりオレンジで開催しました。

タイトルはなんと「行列のできる在宅相談所」です!
たくさんの入院患者さんが在宅生活へ戻ることを希望して
様々なMSWのところへ押しかける、
そんな日が来ることを願うオレンジの想いを表現してみました!

その想いが通じたのか、
当日は予想を遥かに超える18名もの皆さんにご参加頂き、会場はMSWで一杯に!
オレンジ研修の常連さんはもちろん、初参加の顔ぶれも目立ちます。

 

まずは紅谷ドクター&ナース川瀬の「夫婦漫才風」(?)オープニングからスタート。
今日の研修のねらいの説明です。

続いて「3人目のソーシャルワーカー」川村の司会で早速グループワークに突入。
アイスブレイクで和んだところで、
4つのグループに分かれて
最初のワーク「入院患者の在宅復帰をすすめる上での課題をあげてみよう」です!

「急変時の受け入れ先があるか不安」
「主治医が在宅療養に積極的でない」
「院内での(退院へ向けた)意思統一が難しい」
など病院で働くワーカーだからこそ見えてくる課題が
どんどん付箋紙に出されていきます。

一方で「家族は退院を望んでいない」「退院を伝えると転院の相談をされる」など
ショッキングな意見も。
「(在院日数が長いと報酬減となるため)経営的に早期退院を迫られる中、
退院に消極的な家族との板挟みになるのがストレス」との
切実な声も聞かれました。

 

ここでオレンジが用意した特製フレームワークの登場です!

「外来→入院時→入院中→退院前→退院後→再入院時」という時間の流れの中で、
「病院・在宅・患者/家族・社会」などそれぞれの場面で
どのようなことが課題になるのか、
ここまで出された付箋紙を貼付けて整理するワーク2へ!

不思議や不思議。
各グループごとにふせん紙の多いスペースのばらつきがいろいろです。

「患者/家族」「退院前」などのエリアが賑やかだったのは予想通りでしたが、
「外来」や「社会」などのエリアにも意外に付箋が貼られていて、
MSWの皆さんの視野の広さはさすがです。

 

各グループの発表を終えて10分間の「お菓子タイム」。

その間に紅谷Dr.が猛スピードでまとめのスライドを作成!
今日のワークを踏まえて在宅へつなぐために大切な視点と、
「W主治医」「早めのカンファレンス」「試験退院」「早期退院」
など具体的なアイデアをいくつか提案しました。

終了後はアンケートを記入して流れ解散かと思いきや、
皆さん自然と会話が盛り上がり「本音トーク」がなかなか止まりません。

結局1時間以上も予定をオーバーして終了。
MSWの皆さんの「在宅」への熱い思いが伝わる充実感一杯の1日となりました。

今回は課題の抽出までで時間いっぱいとなりましたが、
次回は、今回挙がった課題を整理して
各自が実際に取り組んでいけることを考えていきたいと思います。

次回も奮ってのご参加をお待ちしています!

 

カテゴリー: 医療関係者研修, 地域連携 | コメントをどうぞ

MSWと在宅医療を考える勉強会

5月19日(土)に「MSWと在宅医療を考える勉強会」が開催されます。

この勉強会は、福井県内の様々な場面で活躍する
MSW(医療ソーシャル・ワーカー)と
在宅医療について考えていこうというものです。

多職種連携の第一歩は、お互いの現状や課題を知ることだと思います。
そのために、まずこの勉強会を通して
在宅での多職種連携の流れ、退院や退所に関する情報の交換など、
講演やグループワークを行うことで、お互いのニーズや選択肢を
ひとつでも拡大していくこうと思っています。

初回のテーマは、『在宅の必要条件とは』。
病院のMSWが、退院調整で何を課題としているのか?
それは非常に様々で幅広いものではないか、と
私たちは考えています。

少しでもMSWのみなさんの想いや仕事を理解出来ればと思っております。
多くのみなさんのご参加をお待ちしております。

 

【在宅医療 虎の穴】STEP2 専門力強化研修
MSWと在宅医療を考える勉強会 ~どこで過ごしたいか?に耳を傾けよう~
【テーマ】『在宅の必要条件とは』(在宅医療専門医 紅谷 浩之ほか)
【日時】5/19(土)14:00~16:00
【対象】福井県内のMSW、相談連携業務に興味のある方
【会場】オレンジホームケアクリニック2Fカンファルーム

120519_MSW勉強会ご案内

カテゴリー: 医療関係者研修, 地域連携 | コメントをどうぞ

『ニッポン コレカラプロジェクト』#1

『ニッポン コレカラプロジェクト』というのをご存じでしょうか?

これは「カローラが地域のTV局と共に、
世の中に新しい風を吹かせている人たちを応援する」という企画なのですが、
福井県の『コレカラパーソン』として
オレンジの紅谷Dr.に取材依頼がありました!

 

クリニックでのミーティングや
訪問診療に同行しての取材に
スタッフ一同、緊張でドキドキものでしたが
在宅医療の実際の風景や、
オレンジの目指す想いを伝えることが出来ていると思います。

5/11より同プロジェクトの公式ページに
動画がアップされているとのことで、
ぜひ一度ご覧になってください!

 

ニッポンコレカラプロジェクト公式サイト

 

カテゴリー: 取材・メディア出演 | 1件のコメント

日刊県民福井「いきいきライフ」5/10掲載

5/10の日刊県民福井に
オレンジでみている患者さんとご家族が
体験手記として記事掲載されました!

この記事は「いきいきライフ」というコーナーで、
在宅医療の啓発や推進拡大を目指して
福井県の長寿福祉課が企画構成しているものです。

今回は、寝たきりになっても住み慣れた我が家で
ケアを受けて幸せに過ごしているという
体験手記を載せたいとのことで
オレンジで取材した内容です。

ぜひご覧になって感想をお聞かせください!

 

カテゴリー: 取材・メディア出演 | コメントをどうぞ