みんなの保健室:認知症カフェ

一日限定の認知症カフェを
福井市、アオッサで開催します。

一日限定のカフェ『トマリギ』は
認知症の人やその家族だけでなく
一般の方々、誰もが気軽に立ち寄り
楽しい時間を過ごしてもらい認知症についての
理解を深めてもらうのが目的です。

内容:
 ●認知症サポーター養成講座
 (看護師 里裕一)
 ●新命和尚の生き生き法話
 (大安禅寺副住職 高橋玄峰)
 ●感じる時間presented by大人の書道教室
 (女性書家 西山有紀)
 ●みんなの保健室

一日限定の認知症カフェは三回を
予定しております。
日時:9月21日土曜日10時〜16時30分
日時:10月19日土曜日
日時:11月4日月曜日

場所:福井市 アオッサ 一階
(福井市手寄1丁目4−1)
対象者:どなたでも参加自由です。
主催:福井キャラバンメイト みんなの保健室

カテゴリー: みんなの保健室, 地域連携   パーマリンク

みんなの保健室:認知症カフェ への1件のコメント

  1. 奥田 芳治 より:

    ごくろうさまです。
    以前福井県に”認知症の人と家族の会” 福井県支部結成まで3年間程携わらさせていただき、認知証の家族の方々とのお話機会をたまわりました。
     認知症の方は、病気が発生し落ち着きますまで、いろいろなプロセスがあるようにおもわれます。
    その段階が理解できれば、看護も負担が軽減されるかとおもわれます。 
    認知症の方が、便で 遊ぶので 看護の方々が 対応に、粘土を準備し、そして そりの粘土硬さがある一定の段階になりましたら、大変よく遊ぶようになったとのこともききました。
     認知症の方々も、健康な方々も、共通して同じことがあります。
    それは、”人の世に” 人として御霊が賜れましたことは、替わりないょうです。なぜならば 認知症の方々も
    旅たてば、阿弥陀如来の御威光に迎えられ 仏・神となり神仏等の世界に迎えられ、!ひとの世の人” を守り導かれます