【開催案内】第17回日本在宅ホスピス協会全国大会inFUKUI

2014年11月14-16日第17回日本在宅ホスピス協会全国大会が福井にて開催されます。テーマは「つながる、はぐくむ、ひろげる〜これからの在宅ケア〜」です。「最期の時を自分の家で、自分らしく過ごしたい」という想いに応えるために地域では様々な専門職が日々活躍しています。

健康な人だけでなく、あらゆる人がHappyに生活できる、そんな街を目指してみんなが、出会って、知って、つながって、これからの在宅ホスピスケアについて「つながる、はぐくむ、ひろげる」の3つのテーマを考えていきます。

【つながる】では「在宅ホスピスにつながる退院支援とは?
【はぐくむ】では「ホスピスマインドを持った医療者を育てよう!」
【ひろげる】では「スピリチュアルケアを拡大する」
【まちづくり】では「在宅ホスピスのあるまちづくり」
として分科会が行われます。

16日日曜日の市民公開講座では「最期まで自宅にいるという『ぜいたく』」と題して、日本在宅ホスピス協会会長 小笠原文雄先生、長尾クリニック院長 長尾和宏先生に登壇していただきます。他にもワークショップ、ポスターセッション、オプショナルツアーと盛りだくさんです。今年の秋は「福井のぜいたく」で楽しんでいきましょう!

プログラム
11月14日 ウェルカムパーティ 18時〜20時(会場:芦原の宿 八木 費用:医師・歯科医師40,000円/コメディカル25,000円)

11月15日 日本在宅ホスピス協会全国大会in福井

(医師・歯科医師・薬剤師 会員 2,000円(当日3,000円)非会員 4,000円(当日5,000円))
(他メディカル・福祉関係・学生 会員 1,000円(当日2,000円)非会員 2,000円(当日3,000円))

◇開会式&総会 13時〜14時
◇開会式・日本在宅ホスピス協会 総会・大会長講演「つながる、はぐくむ、ひろげる〜これからの在宅ケア〜」大会長 紅谷浩之
 ◇分科会
 ①【つながる】在宅ホスピスにつながる退院支援とは? 14時〜16時30

 ②【はぐくむ】ホスピスマインドを持った医療者を育てよう! 14時〜16時

 ③【ひろげる】スピリチュアルケアを拡大する 16時〜17時30

 ④【まちづくり】在宅ホスピスのあるまちづくり 15時〜17時

 ◇ワークショップ
  ①在宅CART 福井大学 片山寛次 17時30〜18時30
  ②BPSカンファレンス 福井大学 児玉麻衣子 17時30〜18時30
  ③「みんなの保健室」見学 みんなの保健室代表 内山絵理 14時〜
 ◇学生セッション
  地域とケアの未来を考える 福井大学学生サークル machi☆コラ 16時〜17時30

11月15日 在宅医療虎の穴 ここから変わる在宅支援(参加費用無料) 宇都宮宏子

11月16日

 ◇市民公開講座(参加費用無料)
 最期まで自宅にいるという『ぜいたく』
  日本在宅ホスピス協会会長 小笠原文雄
  長尾クリニック院長 長尾和宏

申込みはこちらからご覧ください。
http://orangeclinic.jp/hha17/info/

カテゴリー: 医療関係者研修, 地域連携, 講演   パーマリンク

コメントは受け付けていません。