1/13(土)開催!シンポジウム[地域医療を考える〜福井と福島の事例から〜]

医療ガバナンス研究所と共同で、今後の地域医療のあるべき姿について考えるシンポジウムを開催します。
急速な高齢化は福井も例外ではなく、2025年には県民の5人に1人が75歳以上となる見込みです。これに伴って医療や介護に対する需要は今後ますます高まり、社会保障費の増加などが懸念されています。県は地域医療構想の中で、「病院完結型の医療」から「地域で治し支える医療」への転換を掲げ、将来の患者数の見通しに基づく病床の再編を図るとともに、在宅医療などの体制整備を進めていく方針です。
私たちはこれからどのように老いや死と向き合っていくのか。診療報酬と介護報酬の同時改定を控えた今年、被災地・福島と福井の事例をもとに、これからのあるべき地域医療の姿を探ります。

【開催概要】
日時:平成30年1月13日(土)15時00分〜17時00分
場所:オレンジホームケアクリニック
演者:上 昌広<医療ガバナンス研究所 理事長>
   山本佳奈<大町病院(福島県南相馬市) 内科医>
   紅谷浩之<オレンジホームケアクリニック 代表>
次第:15時00分〜 福井での事例紹介(在宅専門クリニックとしての歩みや最近の取り組みなど)
   15時20分〜 福島での事例紹介(東日本大震災当時の様子や南相馬市の医療の現状など)
   15時45分〜 シンポジウム「地域医療を考える」
   17時00分  閉会
   17時00分〜 懇親会(会費:お一人様1,000円)

シンポジウムのみの参加は無料です。また事前の申し込みも不要です。お気軽にお越し下さい。なお、駐車場には限りがございます。出来る限り公共交通機関のご利用をお願いします。

【お問い合わせ】
オレンジホームケアクリニック TEL:0776-21-3333 担当:増永

カテゴリー: 最新の講演•イベント情報   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree